11月6日に、例会と学習会を行いました。

少人数だったので、学習会に時間を多くとりました。今回は、OHCとPCをつないで手書き要約筆記をPC画面に表示するという実習をしました。高の原センターのOHCも、サークルの書画カメラも多機能ですが、まだまだ使いこなせてないなと実感しました。

では、例会の内容を。

年明けの話になりますが、新年会に代わるサークル行事を、1月23日(日)に集会室で行う予定です。飲食はできないので、OHCやUDトークを使って難聴者と一緒に楽しめるレクリエーションができたらと思っています。新年会でやっていたビンゴや歌のコーナー、クイズや輪投げもいいですよね。おもしろい余興やゲームがありましたら、ご提案ください。

社協に申請をしていた「ボランティア活動助成金」の内示がありました。前年と同じ金額です。今年も活動が自粛がちだったので、あまり買い物をしていません。サークルで購入したい物品がありましたらご連絡ください。

例会の帰りがけに、福祉センターの担当者から「今までこの時期に来ていた来年の成人式の派遣について、今年度は依頼がまだ届いていない」と言われました。ただ、市のホームページには、手話と要約筆記のサポートがあると書かれています。担当者が申請を忘れているのか、参加者からの依頼がある場合にのみ申請するようになったのかは不明です。問い合わせしてもいいものかどうか、ご意見をお寄せください。