10月の例会の報告です。

サポーター講座について。9月25日に行われた打ち合わせで、難聴協会会員の多数決により、今年度も中止となりました。その報告書を、高の原センターからいただきましたので、メールでお送りします。

先日もお知らせしましたが、10月例会回覧分より、ならし所属の難聴協会賛助会員の回覧ルートを変更しました。今後は、まとめてメール送付とします。10月は野外例会ですが、難聴者の参加が少ないそうです。参加の呼びかけをしてくださいと、あらためて連絡がありました。派遣申請もされているそうです。

サークル連絡会から、学習会のお知らせがありました。こちらもメールでお送りしています。内容をご確認のうえ、11月6日(土)までにご連絡ください。

難聴協会は、1月の新年会について、行わない意向です。ただ難聴者からは、ならしで難聴者が参加できる行事や学習会をしてもらえないかと、個人的なご意見もあります。そこで新年会あたりの日程で、UDトーク体験学習会などをやってみてはどうかという案があがりました。IT学習会担当の方々に、手順説明をお願いすることになります。ほかにも、UDトークを使ったゲームなどができないか、考えているところです。部屋の予約はこれからですが、1月23日(日)の午後を予定しています。

奈良市社会福祉協議会の助成金について、今年度も申請する予定です。助成金の額は、昨年度と同じです。