高の原センターがワクチン接種会場となり、施設利用ができないため、8月7日の例会は、はぐくみセンターで行いました。参加者は8名。

ワクチン接種は、市の集団接種やかかりつけ医、職域接種などさまざまなルートでされているところだと思います。接種は任意ですが、感染を抑えるため、また、罹患しても重症化させないために、全体的な接種率が上がってほしいものですね。

市難聴協の、8月例会のお知らせはありませんでした。会食が恒例の例会でしたので、中止されたようです。

福祉センターからの連絡はまだありませんが、今年度のサポーター講座も、開催の有無について検討されているようです。開催となると、2年ぶりに講師を担当される方々にも心配ごとが出てくると思います。

要約筆記についても派遣が減ったり、学習の場に参加しにくくなったりと、コロナの影響は少なからずありますが、この日は手書き学習会が行われ、久しぶりにノートテイクの実習をしました。聞き取りに集中したり、お互いに実習の結果を見せ合ったりできたことがとてもうれしく、充実した思いでした。