7月は、出席者が少なく静かな例会でした。

梅雨の終わりが近いためか、7月に入って急に降水量が増え、各地で災害が起きています。ニュースを目にするたびに、情報の共有と避難行動への働きかけが重要だと感じます。

そんな中、コロナのワクチン接種は、高齢者などから順に進められているようですが、供給不足が原因か、50代以下は予約が延期されました。派遣や行事など、不安なく出られるようになる日は、もう少し先のようです。

6月の例会でもお伝えしましたが、派遣元・申請者・要約筆記者の三者で、派遣の実施についてあらためて確認する場を設けてほしいとセンターにお願いしています。この件に関して、担当の方から「所長と相談のうえ回答します」と連絡がありました。

高の原センターは7月末から9月初めまで、ワクチンの接種会場となります。使用できる部屋が限られますので、8月の例会は、はぐくみセンターで行います。手書き学習会も予定していますので、ご参加をお待ちしています。